ダイキンのストリーマ技術に関する
実験結果
風邪やインフルエンザの原因となるウイルスだけでなく、RSウイルスも抑制

風邪とインフルエンザは、どちらもウイルスが原因で引き起こされます。ストリーマ技術が、そのウイルスに対して抑制効果があること、RSウイルスに対しても抑制効果があることが実証されています。

試験用ストリーマ発生装置を用いた実証結果です。実機・実使用環境によるものではありません。

インフルエンザウイルス(A型H1N1型)の抑制効果を実証

インフルエンザウイルス(A型H1N1型)抑制性能比較 | 自然放置とストリーマ照射(1時間)の残存率比較

試験の結果、ストリーマを照射し1時間で99.9%インフルエンザウイルス(A型H1N1型)を分解・除去することが確認できました。

試験用ストリーマ発生装置を用いた実証結果です。実機・実使用環境によるものではありません。

試験機関

(一財)北里環境科学センター

試験方法

インフルエンザウイルスにストリーマを照射し、培養した細胞に接種することで、ストリーマを照射した時間の違いによるウイルスの残存状態を観察しました。

インフルエンザウイルス(H3N2型)の抑制効果を実証

インフルエンザウイルス(H3N2型)抑制性能比較 | 自然放置とストリーマ照射(4時間)の残存率比較

試験の結果、ストリーマを照射し4時間で99.0%インフルエンザウイルス(H3N2型)を分解・除去することが確認できました。

試験用ストリーマ発生装置を用いた実証結果です。実機・実使用環境によるものではありません。

試験機関

上海市疾病預防控制中心 ほか

試験方法

インフルエンザウイルスにストリーマを照射し、培養した細胞に接種することで、ストリーマを照射した時間の違いによるウイルスの残存状態を観察しました。

RSウイルスの抑制効果を実証

RSウイルス抑制性能比較 | 自然放置とストリーマ照射(8時間)の残存率比較

試験の結果、ストリーマを照射し8時間で99.0%RSウイルスを分解・除去することが確認できました。

試験用ストリーマ発生装置を用いた実証結果です。実機・実使用環境によるものではありません。

試験機関

和歌山県立医科大学

試験方法

RSウイルスにストリーマを照射し、培養した細胞に接種することで、ストリーマを照射した時間の違いによるウイルスの残存状態を観察しました。

症状も感染力も強いA型インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の3つがあり、なかでもA型は特に高熱が出るなど強い症状が現れます。感染力が非常に強く、すぐに拡大してしまうことから、脅威のインフルエンザウイルスと呼ばれています。