DAIKINストリーマ研究所

トップ > 研究テーマ > 風邪
DAIKINストリーマ研究所 DAIKINストリーマ研究所
ストリーマ実証試験結果

夏風邪と冬風邪の違い

夏風邪と冬風邪の違い

梅雨の時期から夏にかけて流行するウイルス感染症を一般的に夏風邪といいます。
寒くて乾燥した空気を好む冬の風邪ウイルスと異なり、夏風邪のウイルスは高温多湿を好みます。そして感染力が強いのが、特徴です。
暑さや冷房による屋内外の温度差によって、免疫力が低下している時に罹りやすく、一度ウイルスに感染するとお腹の中で増殖してしまいます。
そのため、体外に排出されるまでに時間がかかり、症状が長引くのが特徴

夏風邪と冬風邪の違い

夏風邪を引き起こすウィルス

夏風邪を引き起こすウィルス

夏風邪には有効な治療薬もないため、体力や免疫力を高めて自然に治すほかありません
夏風邪の主な原因ウイルスには、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなどがあり、ウイルスによって引き起こされる症状もさまざまです。
いずれも特に小さな子どもが感染することが多く、中には別の病気の原因となるウイルスもあるので注意が必要です。
感染しないということが非常に重要だと言えます。

夏風邪を引き起こすウィルス

原因ウィルス

夏風邪を引き起こすウィルス

原因ウィルス

ウィルスごとに異なる症状

夏風邪を引き起こすウィルス

アデノウイルスのアデノとは扁桃腺やリンパ線を意味し、のどの痛みや発熱、激しい咳などの症状が特徴です。
子どもがプールで感染することも多く、「プール熱」とも呼ばれます。大人でも感染すると扁桃炎や肺炎などを引き起こすこともあります。
コクサッキーウイルスは突然の発熱や口内炎、水疱など喉に炎症が起こるヘルパンギーナの原因菌とされています。
エコーウイルスもヘルパンギーナに関係している場合があり、胃腸の不調のほか、口腔粘膜や手足に発疹が現れる手足口病の原因にもなります。

夏風邪と冬風邪の違い

ウィルスごとに異なる症状

夏風邪を引き起こすウィルス

夏風邪ウイルスに感染した時には、まずは安静にして、栄養と水分を十分に摂ることが回復への近道
また、飛沫感染や経口感染による家庭内での感染拡大を防ぐため、手洗いうがいをしっかり行い、タオルなどを共有しないように注意しましょう。
有効な治療薬のない夏風邪ですが、感染経路をしっかり確認して、準備することが重要だと言えます。
楽しい夏を過ごせるように、日々の生活習慣を見直してみましょう

夏風邪と冬風邪の違い
ストリーマ研究所の実証結果 ストリーマ研究所の実証結果

予防対策の強い味方!夏風邪にも有効なストリーマ技術

夏風邪と冬風邪の違い

ストリーマ技術は、3次元に拡散する放電技術により、より多くの活性種を生み出します。
この活性種が、夏風邪の原因となるさまざまなウイルスに接触することで、ウイルスを分解・無力化することが証明されています。

予防対策の強い味方!夏風邪にも有効なストリーマ技術

関連するプレスリリース 関連するプレスリリース

  • 2017.06.20

    ストリーマ技術により、初夏に流行しやすい風邪の原因ウイルスを 99.9%抑制

一覧を見る

その他の研究テーマ その他の研究テーマ