DAIKINストリーマ研究所

トップ > 研究テーマ > カビ・ダニ
DAIKINストリーマ研究所 DAIKINストリーマ研究所

梅雨どきに繁殖しやすいカビ・ダニ

梅雨どきに繁殖しやすいカビ・ダニ

湿度の高い時期になると現れるカビやダニ。
カビは湿度65%以上・室温20〜25℃、ダニは湿度70%以上・室温20〜25℃の暖かくてジメジメした環境を好むため、湿度の高い時期はカビとダニにとって繁殖に適した季節なのです。
また、ダニはカビを好物としているので、カビが繁殖している場所にはダニも発生しやすくなります。
カビやダニをそのままにしておくとさまざまなアレルギー症状を引き起こすこともあるので、正しい知識を身につけて対策を行いましょう。
アレルギーといっても、症状は様々です。
よく見られる症状として、「アトピー性皮膚炎」や「ぜん息」、「鼻炎」、「目のかゆみ」などが挙げられます。

梅雨どきに繁殖しやすいカビ・ダニ 梅雨どきに繁殖しやすいカビ・ダニ
カビやダニの好む環境 カビやダニの好む環境

アレルギーの原因は、カビの胞子やダニのフン・死骸

アレルギーの原因は、カビの胞子やダニのフン・死骸

カビは一見すると単なる汚れに見えますが、実は「糸状菌」と呼ばれる微生物の一種。その胞子がアレルギーの原因となります。
一方、ダニのフンや死骸にも多くのアレルギー物質が含まれているので注意が必要です。
カビの胞子やダニ(フン・死骸)が部屋に溜まったホコリにくっつき広がってしまうことも。
1gのホコリに含まれるダニ(フン・死骸)の成分がわずか10μg(100万分の10g)でもアレルギー発症のリスクがあるとも言われています。

アレルギーの原因は、カビの胞子やダニのフン・死骸 アレルギーの原因は、カビの胞子やダニのフン・死骸

身近なところに潜むカビの胞子とダニのフン・死骸

身近なところに潜むカビの胞子とダニのフン・死骸

カビの胞子やダニのフン・死骸は非常に小さいため空気中に浮遊しやすく、気付かないうちに皮膚に触れたり、吸い込んでしまうことで人体に影響が現れます。
カビの種類は無数にありますが、中でもアルテナリアやトリコスポロンなどがアレルギー症状を引き起こすカビとして知られています。
ダニアレルギーの原因となるのは、チリダニ科のコナヒョウヒダニやヤケヒョウヒダニで、室内にいるダニの多くがこの2種類だと言われています。
ダニを退治してもフンや死骸が残っているとアレルギー症状を引き起こしてしまうので油断はできません。

身近なところに潜むカビの胞子とダニのフン・死骸 身近なところに潜むカビの胞子とダニのフン・死骸

気をつけたい症状と疾患

気をつけたい症状と疾患

カビ・ダニ(フン・死骸)が引き起こすアレルギー症状は鼻炎や皮膚炎、喘息、目のかゆみなどさまざま。
ダニ(フン・死骸)が肌に触れることでかゆみを伴う皮膚炎を発症することは広く知られていますが、吸入することで発症する疾患も多く、中でも典型的な疾患がアレルギー性喘息。特に小児喘息の場合、80%以上がダニアレルギーに起因するとも言われています。
カビも同じく、胞子を吸入することで、気管支喘息や肺炎を引き起こす可能性があります。
アレルギーや感染症は重症化するケースもあるので、気になる症状が現れたら早めに病院へ行くようにしましょう。

夏風邪と冬風邪の違い 夏風邪と冬風邪の違い

カビ・ダニの有効な対策方法

カビ・ダニの有効な対策方法

家の中の湿度を50%以下に保つことがカビやダニの住みにくい環境づくりの第一条件。
晴れ間には窓や押し入れ、クローゼットを開けて換気しましょう。また、エアコンや空気清浄機のフィルターにもカビが生息している可能性があるので、こまめに掃除することをおすすめします。
ダニ対策で最も気をつけたいのが布団。湿気がこもりやすく、ダニの餌となるフケや垢が付きやすいので、定期的に布団を丸洗いし、布団乾燥機や天日干しで乾燥させましょう。
掃除や換気を習慣化することで、カビ・ダニ(フン・死骸)の繁殖を防ぐことができます。いつも清潔で快適な環境を保つことを心がけましょう。

カビ・ダニの有効な対策方法 カビ・ダニの有効な対策方法
湿度50%以下がヒトには快適な環境でダニ・カビ抑制できます。 湿度50%以下がヒトには快適な環境でダニ・カビ抑制できます。
ストリーマ研究所の実証結果 ストリーマ研究所の実証結果
カビ・ダニ(フン・死骸)を分解 カビ・ダニ(フン・死骸)を分解
カビ・ダニ(フン・死骸)を除去 カビ・ダニ(フン・死骸)を除去

その他の研究テーマ その他の研究テーマ