DAIKINストリーマ研究所

トップ > 研究テーマ > 花粉
国民の2人に1人が花粉症!アレルギー症状を○倍に悪化させる都会の花粉 国民の2人に1人が花粉症!アレルギー症状を○倍に悪化させる都会の花粉
【監修者】白澤信行教授
【監修者】白澤信行教授

花粉症を悪化させる物質とは

花粉症を悪化させる物質とは

毎年、多くの人が悩まされる花粉症。
2017年3月に行った調査※1では、国民の約2人に1人が花粉症であることが分かっています。特に今、都会の花粉症患者が増加しています。
その原因のひとつがアジュバント物質にあります。
アジュバント物質とは花粉に付着することでアレルギー症状を、より悪化させる物質の総称。
都会の空気に多く含まれる排ガスやPM2.5がアジュバント物質であると言われています。
アジュバント物質は体内でアレルギーを引き起こす抗体の生成を促進させ、その結果、アレルギー症状を2倍にも悪化させます。

花粉症を悪化させる物質とは 花粉症を悪化させる物質とは

未発症の人も油断大敵

未発症の人も油断大敵

これまで花粉症の症状が現れていない人も油断は禁物。
片側の下に風船がついたシーソーをイメージしてください。
排ガスやPM2.5などのアジェバンド物質が花粉に付着することで
花粉症の発症リスクが高まるのです。

未発症の人も油断大敵 未発症の人も油断大敵
花粉症の発症のたとえ 花粉症の発症のたとえ

1年中飛散している花粉

1年中飛散している花粉

花粉症というと春に罹りやすいイメージがあるかもしれません。
これは、最も有症者の多いスギ花粉が春先に飛びはじめることが影響しています。けれど、花粉症を起こす植物はスギ以外にもヒノキ(1月〜5月)や秋に多く飛散するブタクサ(8月〜10月)など多種多様。それらの花粉が1年中飛散しているため、年間を通じてケアを行うことが大切です。
花粉に敏感な人はほんの少しの飛散量でも症状が現れてしまうので特に注意が必要と言えます。
花粉の種類と飛散する季節を知り、予防に役立てましょう。

1年中飛散している花粉
1年中飛散している花粉 1年中飛散している花粉

手軽にできる花粉対策

手軽にできる花粉対策

花粉は換気や洗濯物・布団干しによって室内に侵入するだけではなく、外出先で衣服や髪に付着し、そのまま室内へ持ち込んでしまうことがとても多いのです。
外出先から帰宅した時には、玄関先でしっかり衣服や髪に付いた花粉を払い落としてから室内に入ることを習慣化すると良いと思います。
室内に入ってしまった花粉はこまめに掃除をすることで除去できます。
このように日常のちょっとした工夫で花粉症の発症や悪化を防ぐことができるので、ぜひ試してみてください。

手軽にできる花粉対策 手軽にできる花粉対策
ストリーマ研究所の実証結果 ストリーマ研究所の実証結果

ダイキンのストリーマ技術は、花粉症を悪化させるPM2.5と排気ガスの混合物のアジュバンド効果を抑制します。

ダイキンのストリーマ技術は、花粉症を悪化させるPM2.5と排気ガスの混合物のアジュバンド効果を抑制します。

花粉症の症状は花粉の表面にある物質がPM2.5や排ガスと結合することにより増強されます。
今回の実験により、ストリーマ照射が、PM2.5と排ガスの混合物の アレルギーの増強効果を抑制することがわかりました。ストリーマ技術は 様々なアレルギー物質に対して効果が期待できると推測されます。

【監修者】白澤信行教授
PM2.5と排ガスの混合物のアジュバンド効果を抑制 PM2.5と排ガスの混合物のアジュバンド効果を抑制
スギ花粉のアレルゲン分解に関する実験 スギ花粉のアレルゲン分解に関する実験

関連するプレスリリース 関連するプレスリリース

  • 2017.11.08

    ストリーマ技術により、花粉症を悪化させるPM2.5と排気ガスの混合物アジュバンド効果を抑制

一覧を見る

その他の研究テーマ その他の研究テーマ